給湯器本体の配管から水漏れするときの対処法

通常、家庭用の給湯器は、安全性もかなり高く、比較的丈夫な設計が各メーカーでなされています。これは、水道水を沸かす熱源がガスである為、その安全性は欠かせないものなのです。本体の配管も同様に、非常に丈夫な素材が使われていますが、何らかの理由で水が漏れてしまった際には、危険性もそれだけ高くなってしまいます。

■給湯器の配管のひびや割れが生じる水漏れ

室内に配置されている給湯器システムであれば、冬場でもめったに凍結することはありません。しかし、野外などに給湯器を設置している場合、冬場に導管の凍結の危険性はかなり増してしまいます。東北以北の極寒の地域などは、寒冷地仕様の給湯器を採用していますが、関東以南地方にお住まいの方であれば、冬場の凍結は頻度は高くないとはいえ、天候や気温によっては注意しておく必要があります。導管内には、常に水がたまっている為、凍ってしまうと体積が膨張し圧力が高まり、導管が破裂してしまう危険性があります。破裂してしまえば、当然そこから水が漏れだしてしまいますが、気がつかずにそのまま放置してしまうと、燃焼器具に影響を及ぼす可能性があります。燃焼部分が不完全燃焼を起こしてしまうと、一酸化炭素が発生してしまい、危険性はさらに高まります。

■給湯器の配管の修理は自分で行える ?

程度の軽い水漏れならば、ホームセンターなどでパーツをそろえ、自分で修理することも可能です。ただし、導管の接続部分のジョイントや、破裂した導管そのものの交換などはかなり難しく、専門的な知識も必要になります。あくまでも、パッキンの交換などの部品交換が、自分で修理を行える範囲ということを覚えておきましょう。また、水が漏れている部分に、応急措置としてテープを巻くなど、緊急的な対応策などを自分で行うことは可能です。給湯器システムの設置や給湯器 交換、給湯器本体内部からの水の漏れや故障などは、専門の知識が必要で、正規の修理ではガス・電気・水道に関する国家資格が必要となりますので、くれぐれも自分で行うことはおやめください。

■まとめ
給湯器本体が室内にある場合、設置する際に水道管などに断熱材を使用するのが基本です。季節を通して温暖な地域であっても、冬場には凍結の危険性がありますので、天気予想などを参考に、前もって対策を行っておくのがよいでしょう。また、最新の給湯器システムには、凍結防止のシステムが組み込まれている場合もあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ